ロールスロイス レイスに人気NO.1のティーズクリアーコーティングを施工致しました。

コーティング ティーズクリアーコーティング

ガラス撥水コーティング が終わった ロールスロイス レイス

次はボディをキレイにしていきます!(^^)!

ボディの状態は・・・・・

屋外で見てもこのように  相当ヒドい状態です(/ω\)(/ω\)(/ω\)

車屋さんで磨いたんでしょうね・・・・・バフ目だらけです 

どう磨いたらこうなるのやら・・・・・( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)

ボディチェック 特殊照明塗装膜厚計光沢計

特殊照明 を配置したコーティングブース内において

塗装膜厚計 や 光沢計 等の計器類も使用しながら

ボディチェック を行い、状態をしっかりと把握します 

下地処理 純水洗車

まずは 純水洗車 から(^_^)/~

下地処理 磨き前の下処理

続いては 磨き前の下処理

洗車で落とせない汚れはもちろん

ボディに付着した鉄粉やスケール等の不純物を

特殊溶剤を使って分解除去 していきます(=゚ω゚)ノ

洗車が終わったボディに 特殊溶剤 をはわせると

このように  不純物が浮き上がって来ますので

分解除去 してこの通り 

不純物を 

分解除去 です 

ボディだけでなく、細部までクリーニングを行っています(^o^)丿

下地処理 ボディ磨き

ボディ全体のクリーニングが終わったら

次は ボディ磨き です٩( ”ω” )و

非常~~~に磨き甲斐があるボディ状態ですが

いつもの研磨工法でよみがえらせて参ります!(^^)!

ビフォー ➡ アフターをご覧いただきましょう(^^)/~~~

同じ ボディ磨き ・・・・・という名前でも

まったく別物だというのが、わかっていただけるんじゃないでしょうか( *´艸`)

しかもただ単に磨いているのではありません 

コーティングの土台となる塗装を考慮しながら磨いています 

ボディ磨き 前の塗装膜厚は  163ミクロン

光沢計の数値は  60しかない状態ですが・・・・・

ボディ磨き 後の塗装膜厚は  162ミクロン

わずか1ミクロンの磨きで・・・・・

光沢計の数値は  83までUPしました(*^^)v

これが  塗装膜厚を極力薄くしない ボディ磨き です(^_^)v

ボディ全体を磨いて塗装のツヤ・光沢をしっかりと引き出したら

下地処理 は完了(‘◇’)ゞ

コーティングに取り掛かります(^o^)丿

ティーズクリアーコーティング ベースコート SUP

1層目のベースコートを特殊な研磨技術によって

クリアー補充 していきます>^_^<

光沢計の数値が更に上がりました 

より深みが増していますね 

ボディ全体をベースコートで保護したら

ここから更に2層のコーティングをトップコートしていきます(・ω・)ノ

トップコート ガラスコーティング & 防汚性UPコーティング

2層目 ガラスコーティング UB

3層目 防汚性UPコーティング SV

コーティング施工後は、カービンヒーターを使って乾燥処理(^^)/

光沢がまたまたUPしました( *´艸`)( *´艸`)( *´艸`)

仕上げ作業を行った後、最終チェックをしたら

ティーズクリアーコーティング 完成で~~~す 

あのグリングリンだったボディが・・・・・

漆黒のヌレツヤ感に大変身しました~~~(≧◇≦)(≧◇≦)(≧◇≦)

今回もご依頼いただきまして

ありがとうございました~~~(^人^)(^人^)(^人^)

アフターフォロー もお任せ下さい 

今後とも宜しくお願い致しま~~~す\(^o^)/

 

ティーズフィルム公式Youtube T’s チャンネル

ティーズフィルム公式インスタグラム
ティーズフィルム インスタグラム